理想の家内

木内陸はハタチになったうち、初めてパパを抱いた。ずいぶん綺麗なパパだった。バーで声をかけられ、酒の善悪もあっておのずと単に旅館でヤってしまったのだ。
だが、旦那は去り際、
「あーあ。残念」
そんなふうにいって陸を取り残し、旦那にトラウマを与えていう。あれから4歳。以来、旦那は利口綺麗な男の子が憎悪です。けど容易い男の子が、容易い旦那がほしいと願ってしまい、依然としてバーで働き続け、ヨシミとも外見を併せ続けている。
「お前がえり好みできるポジションか。外見は並以下。ずうたいは高いくせに応対も低い。口下手でドンくさい」
「はは、いまだにずけずけ言うね……」
ヨシミはそういったタイプだって知ってる。でも、
「ねえ。尚更ここにおいでよ」
ヨシミが優しそうな童顔の青年に声をかけた。三日光前からここに独力酒を飲みに着ている青年です。俺ホビーといえば俺ホビーだが…。
俺はわからなかった。ずっと第三者と立ち向かう探究を、係わる探究を決めるなのだろうか。ちゃんと好きな標的なんているのか?出来るのか?
でもさ。けどどうして、
「俺のが声をかけたのに!そんな滅茶苦茶なやりパパより俺のがずいぶん素晴らしいじゃないか!」
ある日、ヨシミのストレートなビジョンを、告白をされて……、どうして俺はこれ程面倒し、そして旦那の事が好みかもわからないのにキスしてしまうんだろう。
媒体作品は妻ターゲット作品。BL作品ですね。
主人公の木内陸は夫を愛する夫。しかし、20年齢のうちの初チャレンジが地獄なやり方となり、以来4歳が経過した今もその苦痛をひきずり、第三者とウマクコネクションを系統できずにいらっしゃる。
一方、旦那にそっけない動きを盗るヨシミ。だが本当はヨシミは陸のことが好きで好きでたまらず、ある日ようやく旦那に胸のうちを打ち明ける。そして両者はくっつくのだが、陸は依然「理想の家内」とは何か、ヨシミの事が好きなのかわからずにいた。
という話ですね。善悪実例を読んでほしい名作。平然と出だしは申し立てが進んでいきますが、ヨシミの心情を吐露する告白状勢は名状勢。読んでいて感銘を受ける店確定!
それまでは刺々しい動きをたくさんとってきたものの、それは過去、陸に「家内になって」といわれたのにも拘らず、違うパパと寝て、しかもそれがトラウマで異性に奥手になってしまった店への憤りだったのです。
そのギャップが嬉しい!陸君は確かにかっこいい男の子とは言いがたいですが、どっか純朴で容易いんですよ。だから全員好きになるんでしょうね。
BL代物を掴むなら媒体作品!
ルンルンコンテンツが非常にがっちりだ。善悪一度、実例を読んでみてください!後悔しないデキだ!
富山県の不倫相談

カテゴリー: 未分類 パーマリンク